サイくんの発作

いつか記録しようとは思っていたけど

なかなか気持ち的に書く気になれずにいたこと。

一昨年の12月に起きた大きな発作についてです。


P2223243.jpg


・・・・と、その前に、サイくんの奇行?のお話から。

多分、3歳か4歳くらいからだったかな?

サイくんがスヤスヤ寝ている時、急に目を覚まして飛び起き、

何かに取り憑かれたみたいに急に走り出すことがありました。

その様子はいつものトイレ前のハイテンションとかではなく、

明らかに何かに怯えて逃げ回るような、見ていてちょっと怖くなるような

鬼気迫る逃げ回り方なのです。

目を見開き、腰を低くしたまま、爪も出たままで逃げ回るので、

カシャカシャとフローリングを掻く音がします。

いつも追いかけっこをするときに急に走り出すことがありますが

爪が出るのは走り出しだけで、走ってる最中は爪の音はしません。

でもこの奇行の時はずっと爪が出ている状態で、走る、というより

小走りで逃げる、、、という様子で、いつもとは明らかに違う!!といった

行動なのです。



P2223244.jpg


もちろん、その状態の時は名前を呼んでも全く聞こえていないかのようで、

見えない何かからとにかく逃げる、、、といった感じです。

その行動はだいたい30秒くらいの短い時間で、すぐに我に返って

何事もなかったようにいつものサイ君に戻ります。


この奇行は寝ている時に起きるので、多分怖い夢を見ているんだろうな・・・とは

思うんですが、その時の様子があまりにもおかしいので

何か脳の病気でもあるんじゃないか・・・と気になっていました。


P2223247.jpg


そんなことが年に数回あり、その奇行は半年以上起こらないこともあれば、

数週間のうちで2、3回あったり・・・という何となく不安な日々を送っていました。


そして、その日はやってきたのです。



・・・長くなるので続きは次回に。




今日もおひとつポチッとニャン。
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
スポンサーサイト