東京蚤の市

  • Day:2018.05.27 07:00
  • Cat:Other
本日猫度0%です^^;



昨日は毎年恒例の東京蚤の市に行ってきました!!

いつもはオープン前に行くのですが、今回は他に用事があったため

会場に着いたのは12時過ぎ。

もう、すでに会場は人、人、人。

とりあえず北欧市を軽く見てから、まずは腹ごしらえを^^

IMG_3862.jpg


これ、すっごく美味しかったー!!

昨日は気温もさほど上がらず、終日雲が出ていて風もあり、比較的過ごしやすい日でしたが

やっぱり少し湿度があってムシムシするのでじんわり暑い。


IMG_3857.jpg



天然氷のかき氷でクールダウン^^

これもすごく美味しかった^^


お腹いっぱいになったところで 腹ごなしのためにもりもり歩きます^^

以下、蚤の市の様子です^^


IMG_3865.jpg



IMG_3868.jpg



IMG_3869.jpg



IMG_3907.jpg



IMG_3874.jpg



IMG_3876.jpg



IMG_3877.jpg



IMG_3905.jpg



IMG_3891.jpg



IMG_3906.jpg



IMG_3883_2018052702165702f.jpg



どれもこれも魅力的だったのですが

なかなか購入するまでは至らず・・・・

結局お菓子とコーヒーのセットと

19世紀のドイツの動物図鑑の切り離しを2枚ほど購入して終了。

それでも結局16時半ごろまでぐるぐる会場内を歩き回ったので

結構疲れました。

人をかき分け商品を見るのは辛いですねー。

やっぱり朝一から行くのがオススメです。


本日も9時から17時まで開催するようなのでご興味のある方はぜひ🎶





ポチッとな
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

あの猫たちを忘れない

  • Day:2017.10.04 07:00
  • Cat:Other
※今日はサイくんは出てきません。
非常に暗く悲しいお話です。
でもできれば多くの方に読んで頂きたいです。


みなさま、8月にあった埼玉の税理士、大矢誠の猫虐待動画事件はご存知でしょうか。
先日、その事件を伝えるアニメーションがyoutubeにアップされました。
多くの方に見てもらえるよう、優しいイラストで描かれており、過激な虐待描写はありません。
しかし、やはり少なからずショックはあります。

この手の話題はとてもデリケートで、見るのはもちろん、
話を聞くのも嫌だという方は多いと思います。

私もその一人でした。

インスタグラムでは、サイくんとの楽しい日々、
インテリアやお買い物、友人とのランチを載せ、
暗く悲しいことは極力避けていました。
フォローしてくれている方は、猫好き、サイくんや北欧、インテリア好きな方たちが多い。
そんな方達をわざわざ悲しい気持ちにさせる必要があるのか。
虐待の話をして引かれてしまうのでは・・・?

心の中では気になっているのに、周りの目を気にして知らないフリをし、
キラキラした世界ばかり寄せ集めていたのです。

それはそれで決して悪いことではないし、たくさんの方が無作為に見るインスタでは
むしろその方が自分のインスタを見ている人を傷つけないで済むこともあります。
誰も悲しくショックなことは見たくもないし聞きたくもないはずだから。

でも、先日youtubeにアップされた事件のアニメーションと、大矢誠が投稿した
虐待動画に対する動物虐待愛好家たちのふざけたコメントを見て我慢ができなくなりました。
言葉は悪いですが、こいつらを絶対に許してはいけないと思いました。
同じ目に合わせて同じ苦しみを味あわせてやりたいと本気で思いました。

今の日本の法律では今回の逮捕容疑は 「動物愛護管理法違反」
これに対する刑罰は 2年以下の懲役 、もしくは 200万円以下の罰金です。
罰金だけなら今後税理士として社会復帰できますし、
懲役刑だったとしても執行猶予がつく可能性が高い。

そんな生半可な刑罰では社会的制裁はないと言っても過言ではないと思います。
そして、必ずまた同じことを繰り返すはずです。
現に、大矢誠と思われる人物が再犯を匂わすようなコメントをしているという情報もあります。

この事件は氷山の一角で、今でも誰も知らないところで虐待され、
無意味に殺されている命があるはずです。
大矢誠に執行猶予なしの懲役刑が科せられれば、少しでも抑止力になるのではと思います。

私にできることは、こうやって一人でも多くの方に現実を知ってもらい、
賛同していただける方に署名をお願いすることだけしかありません。

猫にだって、怖い、痛い、苦しい、という感情や感覚はあるのです。
どれだけ怖かったか。どれだけ苦しかったか・・・。
怖くて虐待動画は見ていませんが、静止画は何枚か見てしまいました。
言葉では言い表せないくらいひどい惨状で、
ショックが大きすぎて動悸が止まらなくなるくらい苦しいものでした。
今でもその写真が目に焼き付いて頭から離れません。心が折れそうになります。
私は意図せず見てしまったけれど、あえてその動画や画像を見る必要はないと思います。

でも事実は知っていただきたいです。
起きたことは変わりません。
無残に殺されていった猫たちは現実にいて、もう二度と帰ってきません。
その猫たちの無念を晴らしたい。
決して無駄死ににしてはいけないと思うのです。

自分の周りに平然と動物を虐待して楽しんでいる奴がいたらどうですか?

もう知らないふりはできないと思いました。
知らなかったから、聞いてないから、自分の周りにはそんな奴いないから・・・・。
かわいそうだよね、ひどいよね。
それで終わってしまえば、いつまでも法律は変わらないし
こういう事件が少なくなることはないでしょう。



「 あの猫たちを忘れない 」





事件を伝えるアニメーションです。
これを見たとき、涙が止まらなかった。
そしてそのあとに読んだ虐待愛好家のコメントに怒りのメーターが振り切れてしまった。
だめだ、こいつら絶対許さない。
悲しみの涙は怒りの涙に変わっていました。

本当は多くの方に見ていただきたいですが、
どうしても見ることはできない方もいらっしゃると思います。

それならば、どうか、賛同していただける方は署名をお願いいたします。
時間はかかりません。

大矢誠に二度と同じことを繰り返させてはいけない。
よろしくお願いいたします。

↓ 署名のページに飛びます。





にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

東京蚤の市で買ったもの

  • Day:2017.08.25 07:00
  • Cat:Other
真夏の東京蚤の市で買ったもの。

それは・・・・


IMG_6424.jpg



ヴィンテージのムーミンパパ貯金箱でした^^

この貯金箱、なかなか出会えないものなので

見つけた時はびっくり。

お値段も相場より安く、折れてしまいがちな尻尾もきちんと

残っている美品でした♪



数年前にも同じく東京蚤の市で出会ったムーミンパパ貯金箱。

今回出会ったのは色違いのクリーム色で、まさに探していたものでした^^



IMG_6421.jpg


実は7月のフィンランド旅行でもムーミンパパの貯金箱に出会っており、

購入して帰ったのですが、持っていたものと同じ白色だったので

こちらは友人にお譲りすることに。


その前に3体ならべて記念撮影^^

3つ並ぶとまた可愛いな〜^^



行くのを少しだけ迷った蚤の市でしたが

やっぱり行って良かったなー。

こういう出会いがあるから蚤の市はやめられないんですよね(笑)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


旦那さんにちょっかい出されて逃げ込むサイくん^^;


IMG_6382.jpg


このベッド、最近はもっぱら旦那さんからの避難場所になりつつあります^^;;





今日もお一つポチッとニャン
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
にほんブログ村